ぷらんたろう

エアープランツ(チランジア)の開花を中心に食虫植物など栽培している植物の日記です。

茶そば...ウスネオイデス

ウスネオイデス

今日はウスネオイデス(T.usuneoides)を紹介します。

僕の部屋ではカーテン代わりにしようと窓辺に吊しています。奥にレースのカーテンが掛かっていますが、ほとんど動かすことがありません。というか、植物が窓辺に並んでいるのでカーテンに手を伸ばすのが面倒なくらい...(-_-;

ウスネオイデスは、とても水好きだそうなので毎日霧吹きをしています。いっぱい水をかけても溜まったりする部分がないので何の心配もなく水やりができます。ソーキングもたまにしますが、一度に持っているウスネを水に漬けるので茶そばのように見えます。一人では食べきれないほどの茶そばになります。霧吹きをした後は銀色に鱗片が逆立ち、とても綺麗に輝いて見えますよ。

写真に写っているのは、真ん中に普通葉、両脇が太葉です。ただ、真ん中の普通葉は普通葉のものから太く成長した物を集めて一つにまとめたものなので、太葉に負けないくらい太いです。朝の日光と毎日の霧吹きで体調万全のようです。部屋の温室にも少しウスネを入れています。高温多湿が良いという情報があるので、温室と室内とで成長に差が出るか実験中です。結果はすぐに出ないと思いながらなんとなくやてます(^_^;
スポンサーサイト

コメント

ウスネオイデス、初めて見たときは干し草かと思ったんですが(笑)
ちゃんと生きてるんでビックリしちゃいました。
原産地では、ツタの葉のように電線に巻き付いてたりするそうですね~。

ところで、今ってエアープランツが流行ってるせいでしょうか
ホームセンターや、なぜか雑貨屋でも売ってるのを見るんですが
あまり状態のよろしくないものも普通に置いてたりするんですよね。
管理が悪くて本物の干し草になっちゃってる(涙)のとか
葉の先が折れたり枯れてしまってるもの、
それをごまかすために、
必要以上に葉を切り落としてしまってるのもたくさん見かけます。
1個でもそういうのを見かけると、もうそのお店では買いたくなくなっちゃいます。

ウスネは日本でも自生しているそうです。アメリカの兵隊さんが日本に物資を運び入れる時に緩衝材として梱包に利用して、荷物が届いたらそのままその辺りに捨てていたものが育ったらしいですよ。

雑貨屋に結構置いてありますよね。水も土もいらないというのが重宝してか雑貨やインテリアとして売られていますよね。僕が初めてエアープランツを見たのも雑貨屋でした。その後ホームセンターにも置いてあるという情報を聞いて、色々なホームセンターに足を運びました。
売り場は常にエアコンが入っているので植物には悪環境ですね。なので、ホームセンターの担当者の方に入荷はいつなのかを聞いています。僕が良く行くところは金曜の昼過ぎに入ることが多いそうなので、金曜の夕方に行けば状態が比較的良いものがあるそうです。
近所の100均にエアープランツが売られているのですが、初めて棚に並んだときに一番状態が良いと思われる重症患者を購入しました。周囲のプランツは既にお亡くなりになっている状態でしたが、堂々と売られていました。既に半年以上経過していますが、未だに焦げ緑色というのでしょうか?あのかわいそうに乾燥してしまった色のまま棚に置かれています。エアープランツのミイラですよ。でも、枯れた状態でも店員さんはよく分からないから、それでも生きていると思っているのでしょうね。怖いですね。からからになったハリシーに1,800円の値札が付いているホームセンターもありました。

近々色々なエアープランツが届く予定になっています。状態が良い余剰分はオークションで販売してみようかと考えたりしています(^_^)
良い状態で届くといいなぁ...

  • 2005/10/04(火) 00:53:37 |
  • URL |
  • たろう #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://plantaro.blog24.fc2.com/tb.php/8-7ea78156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad